カルティエ

カルティエ 腕時計 タンク

カルティエの腕時計、タンクは第1次世界大戦で登場した戦車、タンクからその名前がつきましたそうです。

ルイ・カルティエが戦車から、二本のバーを組み合わせるデザインを思いつきタンクウォッチが生まれたのだそうです。

タンクウォッチは1919年、第1次世界大戦終了とともに発表されたカルティエの腕時計になりますよね。

1900年当時、時計の構造上、円形の腕時計がほとんどでした。
タンクは四角い文字盤を使用したデザインで、注目を浴びましたそうです。
カルティエの代表的な時計のひとつで、モチーフになっている戦車は、みなさんに愛されていますね。

そのタンクウォッチにインスピレーションを受けて作られたジュエリーもありますよね。

100年経った今愛されるデザインはカルティエのすばらしい歴史の象徴とも言えるでしょう。

カルティエの腕時計タンクは日本価格で38万円くらいになりますよね。
キャスキッドソン ペンケース

タンクにはデザインが8種類あります。
選択の多い時計でもありますよね。
素材とデザインは自分の好きなように選ぶことができますね。

カルティエタンクのポイントは、完全スクエアの所だそうです。

定番タイプはカルティエタンク、フランセーズがお勧めだそうです。

値段は高くなります。
カルティエタンクアメリカン、レディースのモデルもわたくしのお勧めだそうです。

ベルトはホワイトゴールドで文字盤がホワイトになりますよね。
価格は200万円ぐらいになっていますね。

八角形のリューズにはサファイヤが埋め込まれていて高級感あふれるモデルだそうです。
ブレスレットは細かい作りになっていて腕に程よくフィットします。
エレガントなタンクのモデルですよ。

カルティエ 腕時計 タンク関連エントリー