カルティエ

カルティエエントリー一覧

カルティエ 正規販売店
カルティエの指輪が欲しい、実際に手にとって見たい。そんな方にカルティエの正規販売店の紹介だそうです。カルティエを購入する際は、出来るだけ、正規代理店や正規の店舗で購入してくださいね。偽物の心配は防げると思いますね。大切な人との婚約指輪を購入する場合気持ちの思い入れも違ってくると思いますよ。カルティエの正規販売店は以下の通りだそうです。キャスキッドソン サドルバッグ◆所在地 北海道札幌市◆店舗  丸井今井 一条館 ◆住所  札幌市中央区南1条西2丁目◆電話  011-205-1151◆所在地 宮城...
カルティエ 書籍
カルティエに関する書籍は、ほとんどが洋書になりますよね。書籍の内容は、時計類や宝飾品が主で、現在のコレクションや過去のコレクションに分類されていますね。多い書籍は、パリのプチパレで行われたカルティエの宝飾美術展以降に出版された内容が多く見受けられます。カルティエの宝飾美術展は、1995年に日本でも東京都庭園美術館にて開催されたそうです。これからカルティエの一部の書籍を紹介したいと思いますね。◆フランス宝飾芸術の世界展・カルティエコレクション−絢爛祝欄のジュエリー◆出版 1995年◆ページ数 41...
カルティエ 宝石職人
カルティエが次々に生み出すあの美しい輝きのジュエリー。あの美しさを形にする宝石職人たちは、繊細にデザインされた輝かしいジュエリーの原型を、1つずつ丹念に、気の遠くなるような作業工程を繰り返し丁寧に形作っていきます。美しいカルティエのジュエリーには、綿密に計算された工程がありますよね。原型となるデザイン・スケッチには、宝石が実物大でデッサンされています。工程や色、素材など1つのジュエリーを美しく完成させるために、あらゆる情報が詰め込まれているそうです。綿密に計算された工程をもとに、美しい輝きのジュ...
カルティエ 歴史
世界中に愛されるカルティエの歴史だそうです。キャスキッドソン レインブーツ1847年、師匠であったアドルフ・ピカールのアトリエをルイ・フランソワ・カルティエが譲り受け、開業となりカルティエの歴史が始まりますよね。1874年、ルイ・フランソワ・カルティエは経営権を息子であるアルフレッドに譲りますよね。1898年、アルフレッドの長男ルイを共同経営者とします。共にスタートします。1904年、ルイ・フランソワ・カルティエが死去したそうです。この年はイギリス、スペイン国王の御用達店となります。長男ルイは、...