カルティエ

カルティエ ジュエリーエントリー一覧

カルティエ ジュエリー パンテール
カルティエのジュエリー、パンテールとは、フランス語で豹を意味します。1900年初頭から動物のモチーフを使い、人々の心を癒す物として取り入れられましたそうです。カルティエのデザイナーは、第一次世界大戦中の20世紀初頭、いろいろなアイテムを生み出したそうです。それが当時流行していた、豹や豹柄をモチーフのパンテールだそうです。ジャンヌ・トゥーサンがパンテールをジュエリーに用いましたそうです。彼女のニックネームはパンテール[パンサー]と呼ばれ親しまれていたそうです。彼女は、優れた才能と第六感ともいえるセ...
カルティエ 2Cモチーフ ジュエリー
カルティエの2Cモチーフのジュエリーは1910年に誕生していますね。カルティエとクリエイション[創造、作品]の2つの頭文字であるイニシャルがコラボレーションしてデザインされたのが2Cだそうです。1970年代にはロゴをモチーフとした2Cリングが発表されます。有名な2Cリングは、トップ部分をオープンにして、2つのCを配したデザインになっていますね。2000年のクリスマス2000個限定のカルティエ2Cリングも爆発的な人気を得ましたそうです。ダイヤやゴールドを用いた2Cのリングは、Cのモチーフとなる部分...
カルティエ ビスモチーフ ジュエリー
カルティエのビスモチーフとしたジュエリーは1969年に誕生したそうです。斬新なブレスレットは、デザイナーのアルド・チプロが貞操帯からインスピレーションを受け、専用のドライバーで装着するという、新しい発想で注目を集めます。カルティエが世界中の恋人達のために創っわれる、伝統的なビスモチーフ。カルティエは、ビスモチーフとしたブレスレットを、愛する者への贈り物としてしか販売しない、と発表したことで、爆発的な人気になったそうです。当初はそのテーマを貫くために、自分買いのお客様からの購入は断っていうほどのこ...
カルティエ ハート ジュエリー
カルティエのハートをモチーフとしたジュエリーはカルティエの創設者である、ルイ=フランソワ・カルティエがホールマークとして使ったと言われていますね。ハートモチーフのハートは、ヘッドを開くことでCartierのイニシャルであるCをも表現していますね。ハートをモチーフとしたジュエリーは、愛の証です。大切な人に贈るギフトとしても高い人気を誇りますよね。お勧めのカルティエのハートをモチーフとしたジュエリーの紹介だそうです。わたくしが好きなデザインの一つは、ハートを重ねたペンダントヘッドだそうです。価格は2...
カルティエ トリニティリング
カルティエのトリニティリングはスリーリング[3連リング]の指輪のことを言いますね。トリニティリングの歴史は、ジャン・コクトーが友人である詩人のラディゲにリングを送るために、ルイ・カルティエに、依頼します。ジャン・コクトーはこの世に存在しないリングを作って欲しいとオーダーしたそうです。完成したのが、トリニティリングだそうです。三色のゴールドを使ったデザインは愛、忠誠、友情を表現します。三本が絡み合う美しいデザインを完成させたのだそうです。ピンクは愛を現します。ホワイトは友情を現します。イエローは忠...